ユニクロのブラトップやワイヤレスブラで胸部エックス線(レントゲン)はOK?

ファッション・グルメ
スポンサーリンク

お健康診断などで行われる胸部X線(レントゲン)の検査。健診を受ける病院やクリニックからは、女性の場合「下着を外してください」と言われますよね。ブラにワイヤーが入っているとX線撮影で画像に映ってしまうためのようですが、ワイヤーの入っていない、ブラトップやワイヤレスブラであれば外さなくても良いのでしょうか。解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

できれば下着は外したくない

「できれば下着は外したくない」そう感じている女性は多くいらっしゃると思います。病院では検査着を用意されていることもありますが、健康診断中はずっとノーブラなわけですから、ちょっとソワソワしますよね。待合室に異性がいる場合は、視線も気になる…何とか外さずに済ませられないものか。

X線は骨以外のものも映す

レントゲン撮影の際し使用されるX線は、人間の骨をはっきりと見るためのものですが、実は他の臓器や皮膚も映っています。骨ほどはっきりとは映らないものの、ぼんやり白っぽくなるのだとか。その他にも、アクセサリーなどの金属や衣類のボタンも映ってしまうのです。健康診断の際に、金属類を外すよう言われるのは、この理由からだったのですね。

このように金属以外のものも、撮影時に白く映ってしまう可能性があります。ということは、ブラジャーの場合でも金属のワイヤーはもちろんですが、肩紐を調節しているプラスチック部分やパッドもうっすら反応するでしょう。医者は些細な異変にも気づかなければなりませんので、レントゲン写真を見た医者からすれば、「白い影=何らかの異常がある」ということになります。「病気かなと思ったら、ただの金具だった~」なんて紛らわしいことになるのは避けたいものです…。

ユニクロのワイヤレスブラやブラトップは?

ワイヤレスブラは金属のワイヤーが入っていないから大丈夫なのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと待ってください。ワイヤレスブラでも、背中のホックに金属が使われているのでやめましょう。またストラップの長さ調節にもプラスチック部品が使われていますし、白い影が映ってしまう可能性が高いです。またブラトップの場合は、ワイヤレスブラのような部品はありません。しかし、ブラトップもワイヤレスブラもパット部分が少し厚くなっているため、全体的に白く映る可能性があります。もし本当に異常があって、そこに影があったとしても気づきにくくなることにもつながります。やはり、正確に診断してもらうためにもブラをつけたまま受診するのはふさわしくないと言えるでしょう。

ちなみに同じユニクロでも、無地のTシャツとしてオススメなのが、ヒートテックです。こちらもご参考にしてみてください。

【健康診断】レントゲン撮影時は黒のヒートテックでも大丈夫?服装の色は何でもOK?
健康診断で行われる胸部エックス線検査。アクセサリー類を外したり、下着を外すように言われます。また、着用する服装についても、検査機関から事前に指定されることが多いですよね。実際にどんな服装で臨むのが良いとされているのでしょうか。

まとめ

X線は骨や金属をはっきりと映すものではありますが、実はそれ以外にも布やプラスチックも白く映してしまいます。ワイヤー入りのブラジャーに限らず、ノンワイヤーブラやブラトップでも正しい診断を妨げる可能性がありますので、着用は避けましょう。事情があってどうしてもブラジャーを外せない場合は、事前に健診機関に相談してみてもよいかもしれませんね。

コメント