【入園入学準備】ミシンの選び方!電子ミシンとコンピューターミシンの違いは?

子育て・生活
スポンサーリンク

入園入学準備で子どもの手提げカバンや給食袋、上履き袋などを手作りしないといけないママも多いと思います。

今は入園入学準備品として、様々な絵柄のものも売られていますが、せっかくなら我が子に手作りしてあげたいと思うものの、学生時代の授業以来ミシンに触れていない、ミシン持ってないというケースも多いですよね。

そこで、今回は入園入学準備のためのミシンの選び方と、電子ミシンとコンピューターミシンの違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

入園入学準備のためのミシンの選び方

入園入学準備をきっかけにミシンを購入する場合の選び方は、大きくわけて2つです。

  1. できるだけシンプルに必要最低限の操作が出来ればよい
  2. 様々な縫い目や多機能なものを重視したい

この1、2のどちらを重視するかによって、購入するミシンが大きく変わってきます。

1のできるだけシンプルなのが良い!という場合は、電子ミシンがおすすめです。

1の文字やイラストを縫ったりできる機能性を重視したい場合は、コンピューターミシンがおすすめです。

この後、電子ミシンとコンピューターミシンの違いやメリットデメリットについてご紹介しますね。

電子ミシンとコンピューターミシンの違い

家庭科の授業等で使っていたのは、電子ミシンです。

最近の家庭用のミシンの主流は電子ミシンとコンピューターミシンです。

電子ミシンとは

縫うスピードを電子で制御するミシンが電子ミシンです。

特徴としては、スピードに関係なく縫う力(パワー)が安定しているので、縫うスピードが遅くても厚い生地を縫うことが可能です。

縫い目の模様は、ダイヤルで設定をします。

シンプルなミシンが良いという方は、こちらの電子ミシンが使いやすいと思います。

メリット デメリット
  • 操作がシンプル
  • 比較的安く買える
  • 縫う速度が遅くても厚いものが縫える
  • 操作を間違えてもエラーメッセージ等はない
  • 商品ラインナップが少ない

コンピューターミシンとは

最近の家庭用ミシンの主流はこちらです。

縫うスピードや縫い目、エラー表示などをコンピューターが制御しています。

ミシンの操作は、ボタンを押したりパネルにタッチするだけなのでとても簡単です。

もし間違った操作をしてしまった場合には、エラーメッセージで教えてくれるので、授業以来ミシンを触っていなかったという初心者さんでも安心して使うことができます。

メリット デメリット
  • 初心者でも安心の機能がそろっている(自動糸切り、文字縫い、刺繍)
  • 間違えてもエラーメッセージで教えてくれる
  • 操作が簡単
  • 電子ミシンと比べて価格が高いものが多い

ミシンを選ぶ時のポイント

入園入学準備のためにミシンを選ぶ時のポイントは6つ。

  1. 電子ミシンかコンピューターミシンかを決める
  2. ミシンのサイズ・重さから決める
  3. 価格帯で決める
  4. 初心者でも操作が簡単かどうかで決める
  5. 名前やイラストなどが縫えるかどうかで決める
  6. ミシン以外の付属品で決める

まず1つめの電子ミシンかコンピューターミシンで決めるというのは、先ほどご紹介した電子ミシンとコンピューターミシンの違いを比較してみてください。

2つ目のミシンのサイズ・重さから決める

ミシンには、コンパクトサイズ、フルサイズがあります。

入園入学準備のためということでしたら、その後何年間かは毎年使う可能性が高いこともあるのでフルサイズがおすすめです。

ただ、収納場所をあまりとられなくて、持ち運びが楽なのはコンパクトサイズなので、ご自身のご家庭のスペースやどこでミシンを使うかによって決めていただくと良いと思います。

3つ目の価格帯で決めるですが、ミシンもかなり低価格な商品から高機能高価格の商品まで価格が幅広いため、予算との兼ね合いもあると思いますが入園入学準備で使うということでしたら1~3万円くらいのミシンでも十分かと思います。

実際に私が買ったミシンは約2万円のものです。

3つ目の初心者でも操作が簡単かどうかで決めるは、最近のミシンは糸通しや縫い終わりの針のポジションなど、初心者にとってありがたい機能がいろいろついています。

自分のミシンや機械操作のレベル感で検討してみてください。

4つ目の名前やイラストなどが縫えるかどうかで決めるは、入園入学準備となると様々なものに記名が必要となるので、通園カバンや給食袋、上履き袋などを作ったあとに別途アイロンで貼り付けるお名前シールを取り付けたりする方も多いと思いますが、縫った時についでに名前も縫っちゃえたら楽だな、と思う方は名前などが縫えるタイプのミシンもあるので、そちらを検討してみてください。

最後は、ミシン以外の付属品で決めるということですが、

ミシンの付属品として人気が高いのはふっとコントローラーです。

足で踏んで縫い進めることができるため、両手が自由に使えるところが人気です。

その他の付属品は、例えば収納ケース、サイドカッター、アップリケ押さえ、ワイドテーブルなどです。

私が購入したミシンは、付属品としてふっとコントローラーが付いているタイプです。

足の踏み込む力加減で縫うスピードを調整することができますし、何より両手があくというのはポイントが高いです!

 

最近のミシンは本当にいろいろな種類、価格帯のものが出ていますが、入園入学準備だけで使うという方と、それ以外の趣味でも使ってみようかなと思う方では選ぶミシンの種類や価格がずいぶんと変わってきます。

入園入学準備でミシンを検討している方に、今回の内容を少しでもお役に立てたら嬉しいです(^-^)

コメント