ファンくるのポイントを現金に交換する方法は?注意点は?

子育て・生活
スポンサーリンク

覆面モニターサイト「ファンくる」は還元率が高く、かなりお得に飲食できることで人気です。ファンくるではアンケートを提出すると、報酬としてポイントが付与されます。現金に交換する方法と、注意点を紹介します。

スポンサーリンク

ポイントを現金にする手順

まずはポイントを交換するサイトに登録する

ファンくるから直接振り込んでもらうわけではなく、あくまでポイントとしてもらいます。そのポイントを、ポイント交換用の他のサイト上に移行させて、現金に交換するという流れです。後ほど図を用いて説明したいと思います。

①まずはファンくるのマイページにログインします。

②ファンくるでポイントをゲットしたらファンくる画面内の「ポイント交換」を選択します。

③「ROI」という総合ポータルサイトに一度登録をします。登録が終わるとこのような画面になります。

④自分の好きなポイント交換サイトに登録をします。私はポイントを電子マネーや現金に交換でき、ポイントを運用できるシステムも入っている「PEX」に登録しました。

サイトへの登録が複数あってちょっと複雑ですが、図で表すとこんな感じでしょうか。

ポイントサイト「PEX」から現金に換える方法

引き続き、PEXでのその後の操作をご説明します。

①PEXサイト内の画面で、「交換先を見つける」を選択します。

②「現金」を選択して、交換したい銀行を選択します。

③交換申し込みへを選択。

④支店コード、口座番号を入力します。支店コードがわからない場合は、こちらから調べることができます。

金融機関コード・銀行コード検索
金融機関コード、銀行コード、支店コードや店番、支店番号を簡単に検索できます。

⑤交換したいポイントを入力して「確認画面へ」を選択。

⑥確定ボタンを選択する。

これで完了です。後日入金されますので、指定された期間に入金されているかを確認しましょう。

ポイントを現金に交換するときの注意点

銀行によって交換までの期間が異なる

申請してから現金が振り込まれるまでの期間は、

・楽天銀行 リアルタイム~数時間で反映できる

・みずほ銀行・ゆうちょ銀行など 翌25日前後

・その他の銀行 翌日~1週間程度

となっています。

交換単位と最小・最大交換額が決まっている

現金で交換できるポイントは、500P単位となっており、端数のポイントについても交換ができません。また、最低でも5000P~と決まっているので、それより少ないポイントを交換しようとしても手続きできないので注意しましょう。

振込先の口座名義は本人に限る

振込先の情報を入力する際に、支店番号や口座番号が必要ですが、そこに振込先名義がデフォルトで入っていて、変更できません。家族などの口座に入れることはできません。また氏名が変わった場合でも、口座名義と登録名義を一致させるする必要があります

交換手数料がとられる

ポイントを現金に交換する際には、手数料がかかります。現金に換える場合は、500P(=50円)かかります。

現金の以外のおすすめの交換先

電子マネーのポイントに交換する

「dポイント」と「nimoca」なら手数料が無料です。最小交換額も100Pからなので、少額からでも交換ができます。交換手数料が「無料」となっていても、交換ポイントが110P=10円となっている場合や100P=90円となっているものがありますのでよく確認しましょう。この機会に電子マネーのカードを発行してみてもよいですね♪また、交換手数料無料や交換レートがお得になるキャンペーンをやっていることもありますので、PEXをよくチェックしてみてくださいね!

ポイント定期預金や投資もおすすめ

すぐに電子マネーや現金にする必要がないという場合は、ポイントを定期預金として保有したり、運用に回すことができます。ポイント定期預金もポイント投資も少額で参加でき、何より利率がとてもいいのでおすすめです。定期預金の方は毎回募集開始とともに応募が殺到しているほど人気です!また投資の方も、現在までで運用成功率が100%なので、試してみてもよいと思います。

まとめ

ファンくるのポイントは、「ROI」と「PEX」というを経由してを現金に換えることができます。手数料や振り込みされる日、交換最低額については銀行によって異なるのでサイトで確認してみてください。現金交換の他にも、電子マネーに交換したりや運用してみるのもお得になるコツですのでぜひ試してみてくださいね。

コメント